Idea Bank Liaison Company

 株式会社 IBLC

03 フレキシブルなエアー配管

03 フレキシブルなエアー配管
株式会社タブチ
アルミ管をポリエチレンで挟み込んだ3層構造の軽量でフレキシブルなエアー配管。

株式会社タブチが開発・製品化したエアー配管の「ライトエアー」は、強度の高いアルミ管をポリエチレンで挟み込んだ3層構造で構成される。そのため従来の鋼管やステンレス管に比べ、軽くて自由に曲げられる特徴を持つ。重量は鋼管と比べて約1/7と軽量であり、作業時間も従来比約1/5に短縮できることから、従来の配管問題を一気に解決すると期待される。

【本技術の特徴】
ライトエアーパイプは、専用の継手やアダプターを用いることで、配管レイアウトの変更や既設配管からの変換も容易にでき短時間で施工が完了する。そのため設備を止める時間を最小限に抑えることができ、従来の配管工事の問題を一気に解決する。

① 軽量で簡単に配管接続ができるので、短時間で施工が完了できる
② レイアウト変更も容易にでき 設備を止める時間を最少限に抑える
③ パイプの内外層は樹脂なので錆びることがなく、パイプ内部の閉塞の心配がない
④ パイプが自由に曲がるので継手を使わずに配管の切り回しが容易にできる
⑤ 継手の接続箇所が大幅に減らせ、エアー漏れのリスクを低減可能
⑥ 口径20、25、50㎜のラインナップ

【本技術の応用事例・想定用途】
従来の鋼管・ステンレス管と比べ重量は1/7と軽く、作業時間は1/5に短縮が可能。ライトエアー配管と省エネ タイプコンプレッサーを組み合わせた導入事例では、電気代も約30%削減できた。

本技術の詳細PDFはこちらからダウンロード

Return Top