Idea Bank Liaison Company

 株式会社 IBLC

サービス内容

サービス内容
IBLCが提供するサービスをご紹介します

新規分野への参入や、既存事業の拡大をお考えの企業の皆様に、
IBLCは「技術」をベースとした以下のサービスをご提供します。⇨ 今、企業が抱える課題は


【新規用途・事業の開拓支援】 
用途開拓 複数分野の専門家チームにより、貴社が活かしたい技術の特徴やポテンシャル等を客観的に評価し、異分野の視点やユーザーの視点から、その技術を活かす分野・用途について調査・検討を行います。さらに、可能性のある用途の市場性や事業性を検討し、有望用途の提案や事業展開シナリオの策定など、事業化に向けた支援を行います。
⇨ 利用例(1) 自社開発技術の他業界への用途探索
⇨ 利用例(8) 微粒子製造技術の用途展開検討
⇨ 利用例(16) 絶縁性熱伝導性無機材料の用途開拓
 
【新規テーマの創出支援】
threebuds 複数分野の専門家チームにより、貴社が狙いたいターゲット領域の技術トレンドや市場動向等を分析し、様々な角度から可能性のある開発テーマや事業テーマについて調査・検討を行います。さらに、貴社のコアコンピタンスも考慮し、有望テーマの提案や事業展開シナリオの策定など、事業化に向けた支援を行います。
⇨ 利用例(6) 有機半導体分野での研究開発ターゲットの探索・検討
⇨ 利用例(10) 将来のライフスタイルから事業領域を検討
⇨ 利用例(12) バイオプロセスを活かした新事業開拓
 
【技術・市場動向調査】
chousa 対象分野に知見を持つ専門家が、ターゲット技術や市場のトレンドを技術的な視点で捉え、知識・経験に基づく分析を加えて調査を行います。単なるデータ収集だけではない、専門家ならではの視点や見解を得ることができます。
当該分野の全体像、技術課題、プレイヤー、今後の展望など、ターゲット分野の技術動向や市場動向を把握することができます。
⇨ 利用例(2) 3Dプリンターの技術・市場動向調査
⇨ 利用例(7) 家電に利用できる洗浄技術の探索調査
⇨ 利用例(11) IOTの先進事例の調査
 
【技術アセスメント】
評価 複数分野の専門家チームにより、貴社が保有する技術の棚卸しや、研究開発テーマの取捨選択等について、客観的な分析・評価を行います。
外部の客観的な視点を取り入れることで、技術のポテンシャルや競合技術との優位性、事業化の可能性、市場の発展性など、自社では気づかない課題や今後の方向性が見えてきます。
⇨ 利用例(3) 電子材料分野の新規テーマの外部評価
 
【パートナー探索調査&コーディネーション】
9703fa7ab19552965a64ce35f8063771_s IBLCの専門家チームが、貴社の目的に適したパートナー(企業や大学・研究機関)を広範囲から調査・探索し、候補先をリストアップします。さらに、ご要望に応じて候補先の紹介・コーディネーションを行います。専門家が持つ人的ネットワークや目利きで、研究開発や事業化に向けた有望なパートナーを見つけることができます。
⇨ 利用例(4) 次世代電池に関する大学・研究機関の調査
⇨ 利用例(14) フッ素樹脂に関する技術動向と研究者調査
⇨ 利用例(15) 自動車分野における将来技術の探索および外部連携の推進
 
【専門家によるレクチャー&ディスカッション】
レクチャー 現在検討している事業課題や技術テーマに対し、その業界・分野に精通している専門家がご要望に応じてレクチャーし、ディスカッションを通して様々な疑問にお答えします。新規分野への展開など、感触を得たいときに有効です
☆ 専門家との直接対話から、当該技術・分野の現状や課題などリアルな情報が得られます。
☆ 本格的な調査やコンサルティングの前に、全体状況の把握や、問題点の明確化ができます。
⇨ 利用例(9) 新素材の家電応用に関する専門家とのディスカッション
⇨ 利用例(13) 実装技術に関するレクチャーとディスカッション
⇨ 利用例(17) レクチャー&ディスカッションの活用法


★ 対象分野や技術テーマにより、適切な専門家でチームを構成し対応します。
★ この他にも技術コンサルティングや技術指導・アドバイスなど、貴社の課題やご要望に応じた支援を行います。

ユーザーの声

 目的の研究テーマに関連する大学・研究機関の研究者の全体像を把握でき、そこから目的に適した研究者数名にアプローチし、共同研究先を決定した。(化学メーカー 企画開発部)
 調査によって自社の課題に適した有望な技術を幾つか抽出することができ、今後の製品開発につなげていくことになった。(エレクトロニクスメーカー 開発企画)
 専門家とのディスカッションでターゲット分野の状況がわかり、今後、研究所と事業部が連携して事業の立ち上げについて検討を開始した。(素材メーカー 技術戦略室)
 専門家グループとのワークショップを通じて、これまで自分達が想定していない事業領域において多数のヒントや手掛かりを見つけることができ、中期計画に向けたビジョンづくりに反映することができた。(ヘルスケア関連メーカー 研究所企画室)
 自社のバイオプロセス技術が活かせる領域と製品の検討調査から、新たな領域に今後取り組むべきテーマの方向を決めることができた。(エネルギー関連メーカー 研究戦略企画グループ)
 実装分野の専門家からのレクチャーで実装技術のトレンドとリアルな現状を把握することができた。(金属メーカー 技術統括部)
 フッ素樹脂に関連する最近の研究動向調査から、共同研究候補先を選定してコンタクトすることになった。(素材メーカー 研究開発企画部)
 自社のセンサー技術を医療機器に展開できるかの用途検討結果から、有望なターゲット分野と参入方法、パートナー候補などを把握することができた。(ケミカルメーカー 開発事業部)


 〔主なユーザー〕はこちらをご覧ください

ご利用の流れ

IBLCに相談したいことがあれば、貴社の課題や要望を
〔お問い合わせ〕に可能な範囲でご記入ください。
詳細な内容については、面談あるいは電話・メールでお聞きします。
※必要に応じて守秘義務(NDA)を結び、内容をお聞きします。
貴社の課題に対応できる適切な専門家を選定します。
課題によって、複数メンバーでの専門家チームを選定します。
貴社の依頼内容に基づき、提案書および見積書を提示します。
(実施内容、期間、費用など)
提案書および見積書を貴社にて検討後、発注の場合は契約を締結します。
※必要に応じて業務委託契約書(秘密保持を含む)を結びます。
依頼内容に応じて、調査・コンサルティング・レクチャー&ディスカッションなどを実施します

Pamph 右クリックでIBLCパンフレットをダウンロードできます
Pamph 右クリックでサービス資料をダウンロードできます

お問い合わせ・ご相談

IBLCのサービスは、お客様のご要望をお聞きするところから始まります。以下のボタンをクリックし、お気軽にお問い合わせください。inquiry

Return Top