Idea Bank Liaison Company

 株式会社 IBLC

「技術」を「事業」につなげるソリューションカンパニー

IT

Tagged
【041】化学企業の研究開発におけるIT活用

【041】化学企業の研究開発におけるIT活用

三戸 邦郎 1.はじめに  近年ITの発展は目覚ましく、私たちの社会生活における時間、空間に大きな変化をもたらしており、IoT及びビッグデータ、AIといった技術革新が世の中の仕組みを大きく変える第4次産業革命と言われる流れが起こっている。特に、昨今のAIに対する期待感は大きく増すばかりで、各企業はこの技術を担うデジタル...
26  車載関連事業への本格参入の検討

26  車載関連事業への本格参入の検討

大手総合メーカーZ社(材料、デバイス、システム)では、既存の事業領域から自社のコアコンピタンスを活かして、本格的に車載関連事業に進出できないか検討しており、そのため情報収集を行ってきたが、さらに第三者の目で視野を広げ、アドバイスしてほしいということで、IBLCに調査を依頼した。 実施内容 IBLCでは、車載事業として自...
11 IOTの先進事例の調査

11 IOTの先進事例の調査

環境関連機器メーカーK社では、大きな流れの一つとして注目されているIOTに関する新しい技術の情報を収集し、自社の製品や事業にどのように結び付けることができるか検討していた。 実施内容 IBLCでは、IOTに詳しい専門家(3名)でチームを編成し、国内外の先進事例調査を行い、その調査結果を体系的に整理・分析して、有望な技術...
No.【022】建設機械におけるICT化の現状

No.【022】建設機械におけるICT化の現状

小野 耕三 建設機械におけるICT化の現状  私が建設機械メーカに40年近く在籍していたが、その間の技術者として脂の乗り切った時期に、建設機械のICT化に取り組んでいたことがあった。始めた当時は8ビットマイコンが世に出たばかりで、今なら1枚の小さな電子基板で可能な機能を、小型冷蔵庫くらいの筐体を油圧ショベルの背中に載せ...
第3回IBLC懇話会「ロボットの進展」/「モノづくりベンチャー」

第3回IBLC懇話会「ロボットの進展」/「モノづくりベンチャー」

IBLC懇話会はICTによるグローバルな産業革命の時代に、日本のお家芸である”ものづくり”技術が活きる新時代の産業の萌芽を創出することを意図しています。 第3回は、「ロボットの進展」と「モノづくりベンチャー」に関する話題です。それぞれの分野で活躍されている講師の方からホットな話題を提供していただき、参加者の方々とのディ...
第2回IBLC懇話会「ビッグデータおよび医療デバイス」

第2回IBLC懇話会「ビッグデータおよび医療デバイス」

ICTによるグローバルな産業革命の時代に、日本のお家芸である”ものづくり”技術が活きる新時代の産業の萌芽を創出することを意図し、IBLC懇話会《これからだ “ICTとモノづくり”》を開催しております。 第二回は、ビッグデータと医療デバイスの話題2点です。それぞれの分野で活躍されている講師からホットな話題提供を頂き、参加...
No.【009】プロジェクト管理は普遍的な技術である

No.【009】プロジェクト管理は普遍的な技術である

中津山 恒 プロジェクト管理に必要なのは線表とWBSだけではない プロジェクト管理という言葉は、かなりポピュラーだと思います。読者の中にも、プロジェクト管理を行っている、あるいは行ったことがある方が多数おられるでしょう。 プロジェクト管理を行う方は、プロジェクトの計画を示す線表(ガント・チャート)や、実施項目を示すWB...
No.【006】コンピュータの次世代技術 〜CPUに代わるもの〜

No.【006】コンピュータの次世代技術 〜CPUに代わるもの〜

瀬尾 雄三 今日のコンピュータはCPUにより演算を行っています。CPUは、万能演算器をただ一つ用いるだけで極めて複雑な演算処理も実行可能なすぐれた装置で、デジタル演算器が高価な時代にはデジタルコンピュータを実現する唯一の実行可能解でした。しかしながら今日では、デジタル演算器のコストは大幅に低下しており、CPUを用いる方...
No.【003】クラウドとデータアーカイビング

No.【003】クラウドとデータアーカイビング

今中 良一 近年、クラウドコンピューティングがあらゆる場面で活用されるようになってきた。クラウド上で何でも処理し、ユーザのデータも記憶するサービスを行うシステムを構築するときには、データサーバが必要である。2012年12月にIDCが発表した2020年の全世界のデジタルデータサイズは40ZB(ゼタバイト:ゼタは10の21...
Return Top