Idea Bank Liaison Company

 株式会社 IBLC

「技術」を「事業」につなげるソリューションカンパニー

有望技術紹介( 5 )

Category
15 微量成分を検出する昇温脱離分析装置(TDS)

15 微量成分を検出する昇温脱離分析装置(TDS)

電子科学株式会社 超高真空中で試料を昇温加熱した際に試料から脱離する原子や分子を四重極質量分析計(QMS)でリアルタイム検出する 試料表面に吸着した化学物質の同定や定量だけでなく、試料内部に存在する化学種の拡散過程や深さ分布の情報も得ることが可能。材料や試料からの発生ガスを分析することで、工程改善策や材料表面付着物の確...
14 精密拡散接合(熱圧着)による金属加工

14 精密拡散接合(熱圧着)による金属加工

株式会社ヤマテック 1990年の創業以来、接着剤などの介在物に頼らず、接合面を確実に接合させる技術の開発に取り組んできた。 本技術は溶接とは異なり、母材を溶かすことなく接合するため複雑な構造の治具、機械部品、中空パーツ製造の可能性を拡大。高精度が要求される製品や微細なサイズの部品の製造に適した技術として期待を集めている...
13 ステンレス、レアアース、チタンなどの真空熱処理技術

13 ステンレス、レアアース、チタンなどの真空熱処理技術

株式会社メタルヒート 日本最大級の大型真空熱処理装置を用い、鉄鋼を中心とした金属材料の真空熱処理に40年以上の実績を持つ。 当社の真空熱処理は、有効寸法650mm(高)×800mm(幅)×1,300mm(長)で、洗浄から熱処理まで全て真空状態で処理する。構成する炭化水素系真空洗浄機は、洗浄開始から洗浄完了まで10工程を...
12 ドライバーのバイタル情報を非接触で検知する

12 ドライバーのバイタル情報を非接触で検知する

株式会社SNAPSHOT 非接触で運転者の生体データから眠気を検知によりドライバーへ注意を喚起し、Webを介して運行管理へ通知するクラウドシステムを開発した。 名古屋大学発ベンチャー企業SNAPSHOTは、株式会社カレアコーポレーションが開発した非接触・無拘束でバイタルデータ(生体情報)を検知する独自の技術を活用し、運...
11 高精度に仕上げるプラスチック切削加工技術

11 高精度に仕上げるプラスチック切削加工技術

シナノ産業株式会社 数百種類に及ぶ樹脂材料を切削加工で高精度に制作できる シナノ産業は、1990年の設立以来、プラスチック樹脂部品の切削加工に特化し、精度の向上や加工納期の短縮に取り組んでいる。高価な金型を使用しないで、正確、精密、納期厳守をキーワードに、多くの顧客の要望に応じた複雑な形状を高精度に仕上げる技術を持つ。...
10 モアレを活用しモノの変形を2μmの精度で検出

10 モアレを活用しモノの変形を2μmの精度で検出

4Dセンサー株式会社 変位と歪の分布や3次元形状を画素の密度と分解能で解析する簡便な技術を実用化した。 4Dセンサー株式会社は、和歌山大学での研究成果をもとに2012年に設立されたベンチャー企業。高速・高精度な形状・変形計測装置を開発・製造・販売する。変位と歪の分布や3次元形状を画素の密度と分解能で解析する独自の技術を...
09 自動車タイヤのバルブキャップで空気圧監視

09 自動車タイヤのバルブキャップで空気圧監視

トライポッドワークス株式会社 自動車タイヤにバルブキャップ型IoTデバイスを取り付け、車両やドライバー、位置などの情報をクラウドで一元管理するシステムを提供する。 トライポッドワークスの「BC-Connect」サービスは、タイヤにバルブキャップ型IoTデバイス「BLUE-Sensor」を取り付けるだけで、タイヤの空気圧...
08 インクジェットとメッキによるフレキシブル基板

08 インクジェットとメッキによるフレキシブル基板

エレファンテック株式会社 銀ナノインクをインクジェット印刷し、さらに無電解銅めっきによりフレキシブル基板(FPC)を開発・製造 東大発ベンチャー企業のエレファンテックは、銀ナノインクをインクジェット印刷し、さらに無電解銅めっきをすることでフレキシブル基板(FPC)を開発・製造する。フレキシブル基板は曲面の形成ができる、...
07 リバースモードの調光フィルム液晶

07 リバースモードの調光フィルム液晶

九州ナノテック光学株式会社 これまでと逆に、無電圧の状態で透明、電圧を加えると不透明になる調光フィルム液晶を新開発 九州ナノテック光学は、機能性液晶フィルムの研究開発・製造・販売する会社で、15年前に大分市に設立。ガラスを支持体としていた液晶パネルを高機能性フィルムシートとして開発・商品化した。 【本技術の特徴】 これ...
06 ナノサイズのカプセル化技術

06 ナノサイズのカプセル化技術

金秀バイオ株式会社 食品素材をナノサイズでカプセル化することで、有効成分の体内利用効率を向上できる 金秀バイオは、さまざまな分野で注目されている「ナノテクノロジー」を応用し、独立行政法人産業技術総合研究所と共同で食品差材をナノサイズ(ナノは10億分の1㍍)でカプセル化することに成功した。この技術により、有効成分の体内利...
05 鏡面仕上げが不要な切断カッター

05 鏡面仕上げが不要な切断カッター

株式会社ファインテック 光学特性を損なわない切断面が得られ、後処理が不要となる ディスプレイ関連の高機能フィルムなどは、硬くて脆い性質の材料が多く、切断時にクラック、剥離、かえり、粉等々が発生する。これらの現象の多くは刃先形状のミスマッチからくる。こうした課題に対し、ファインテックは切るものに合わせて最適な刃先形状を研...
04 全方位インテリジェントAIカメラ

04 全方位インテリジェントAIカメラ

株式会社レグラス カメラ端末でAI画像処理機能を行い結果を送信 【本技術の概要】 端末デバイスには自社開発のFPGAとARMのAI推論エンジンを搭載したインテリジェントカメラシステム「サミットシリーズ」を提供。エアロセンス社の自律型ドローンや監視カメラ、大林組と共同で建設現場向け安全監視カメラも開発した。 【本技術の特...
03 フレキシブルなエアー配管

03 フレキシブルなエアー配管

株式会社タブチ アルミ管をポリエチレンで挟み込んだ3層構造の軽量でフレキシブルなエアー配管。 【本技術の概要】 株式会社タブチが開発・製品化したエアー配管の「ライトエアー」は、強度の高いアルミ管をポリエチレンで挟み込んだ3層構造で構成される。そのため従来の鋼管やステンレス管に比べ、軽くて自由に曲げられる特徴を持つ。重量...
02 金属箔の面状発熱体

02 金属箔の面状発熱体

シンワ測定株式会社 金属箔に電気を流して発熱させる薄いシート状の発熱体を開発製品化した。非常に薄く柔軟性があり、パイプや狭いスペースでの加熱に最適。 【本技術の概要】 シンワ測定株式会社は、ステンレス製の曲尺・直尺のメーカー。1971年同業のステンレス加工3社が合併して誕生した。同社が、長年培ったステンレク加工のエッチ...
01 超小型IoTセンサーモジュール

01 超小型IoTセンサーモジュール

エレックス工業株式会社 5.2mm×9.0mmの極小基板に7種のセンサーとBLE、MCUを搭載した、極小型、低消費電力のIoTセンサーモジュール µPRISM 【本技術の概要】 エレックス工業は、わずか5.2mm×9.0mmの人の指先に載る極小基板に7種のセンサー(加速度、地磁気、温度、湿度、気圧、照度、紫外線)と無線...
Return Top