Idea Bank Liaison Company

 株式会社 IBLC

「技術」を「事業」につなげるソリューションカンパニー

有望技術紹介

Category
66 貴金属を使わないアンモニア合成触媒

66 貴金属を使わないアンモニア合成触媒

東京工業大学 アンモニアの人工合成反応でルテニウムなどの貴金属を使わず、窒化ランタン(LaN)表面の窒素空孔を反応場として利用する高い合成活性を持つ触媒を開発した。 【本技術の概要】 東京工業大学元素戦略研究センターの細野秀雄栄誉教授、同センターの叶天南(Tian-Nan Ye)特任助教、 北野政明准教授らは、単独では...
65 薄型で伸縮自在なスキンディスプレイ

65 薄型で伸縮自在なスキンディスプレイ

大日本印刷株式会社 皮膚上に貼り付けたディスプレイに外部から送られた画像メッセージを表示できるコミュニケーションシステムで、スマートフォン、タブレット端末に匹敵する新たなデバイスである。 【本技術の概要】 東京大学大学院工学系研究科長・染谷隆夫教授の研究チームと大日本印刷株式会社(DNP)は、独自の伸縮性ハイブリッド電...
64 COVID-19を除去する紫外線照射ロボット

64 COVID-19を除去する紫外線照射ロボット

株式会社ファームロイド 新型コロナウイルスの感染対策のため、医療施設、介護施設、公共施設などでの消毒・滅菌を担う国産ロボット「UVBuster」が実用化された。 【本技術の概要】 バイオエンジニアリングの株式会社ファームロイドは、板橋区と日本大学医学部附属板橋病院の産官学による取り組みとして、紫外線照射ロボット「UVB...
61 導波路型合波器とメガネディスプレイ

61 導波路型合波器とメガネディスプレイ

福井大学産学官連携本部 福井大学などの研究グループはRGBのレーザー光3本を1本のビームにまとめる導波路型デバイスを開発した。これによりレーザー走査型ディスプレイの小型化に成功し、さらにメガネ型ディスプレイへの応用を目指している。 【本技術の概要】 福井大学産学官連携本部の勝山教授と中尾教授は、RGBのレーザー光を一本...
62 フレキシブル熱電変換デバイス

62 フレキシブル熱電変換デバイス

大阪大学産業科学研究所 大阪大学の研究グループでは、小型・軽量で高効率フレキシブル熱電変換デバイスの開発に成功した。 【本技術の概要】 大阪大学産業科学研究所の菅原徹准教授(先端実装材料研究分野)と工学研究科の伊庭野健造助教らの研究グループは、精密な半導体チップ加工と実装プロセス、新規の実装材料を採用することで、超小型...
63 イネのもみ殻を原料とする吸着・吸臭剤

63 イネのもみ殻を原料とする吸着・吸臭剤

ロート製薬とソニー イネのもみ殻を原料とした多孔質炭素材料に、従来の活性炭より優れた体臭吸着および原因菌捕捉効果を発見した。 【本技術の概要】 ロート製薬とソニーの共同研究により、余剰バイオマスであるイネの籾殻(もみがら)を原料とした多孔質炭素材料『トリポーラス』が、加齢臭の原因である2-ノネナールをはじめとする各種体...
60 生体深部温度の輝尽発光による計測技術

60 生体深部温度の輝尽発光による計測技術

東北大学大学院工学研究科 心肺停止時の脳保護に有効な生体深部温度を簡便、低侵襲で観測する生体温度センシングの要素技術を確立した。 【本技術の概要】 東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻の大橋昌立氏(当時、大学院修士課程)と寺門信明助教、高橋儀宏准教授、藤原 巧教授らは、独立行政法人国立病院機構仙台医療センターの尾上紀...
59 皮膚に貼るナノシートウエアラブルデバイス

59 皮膚に貼るナノシートウエアラブルデバイス

早稲田大学リサーチイノベーションセンター 高分子ナノシートの柔軟性と密着性を活用して、直接皮膚に貼り付け、体温・血圧などの生体情報を収集するウェアラブルデバイスを開発した。 【本技術の概要】 早稲田大学リサーチイノベーションセンターの研究グループは、高分子ナノシートの柔軟性と密着性を利用し、熱処理を用いない手法で電子素...
58 睡眠時無呼吸を検出するウエアラブルデバイス

58 睡眠時無呼吸を検出するウエアラブルデバイス

株式会社oneA 首もとに付けるだけで、気道内で発生する呼吸音から睡眠中の呼吸の状態を測定するウェアラブルデバイス『Sleeim(スリーム)』を開発、商品化した。 【本技術の概要】 睡眠中にいびき、無呼吸となるいわゆる閉塞性睡眠時無呼吸(OSAHS)の推定患者数は国内で約200万人以上といわれている。85%の人は未診断...
57 VOCを選択的に吸着・脱着する結晶材料

57 VOCを選択的に吸着・脱着する結晶材料

弘前大学大学院理工学研究科 揮発性有機化合物(VOC)の吸着材料やガス分離材料への利用が期待できる結晶性材料を開発した。 【本技術の概要】 弘前大学大学院理工学研究科の太田俊助教は、結晶状態を保ちながら、極性小分子の可逆な吸着と脱離を実現する結晶性材料を開発した。応用展開としては、揮発性有機化合物(VOC)の吸着材料や...
56 強固なプラスチック接合技術

56 強固なプラスチック接合技術

ポリプラスチックス株式会社 ガラス繊維などのフィラーが入った樹脂材料を他の樹脂材料と強固に接合することができる新技術を開発した。 【本技術の概要】 ポリプラスチックス(株)は、従来、困難であった異なる樹脂材料同士の接合を可能にする新技術「AKI-Lock(Advanced Knitting Integrated Loc...
55 温度で透過率が変わる液晶複合材料

55 温度で透過率が変わる液晶複合材料

産業技術総合研究所 30~50℃の温度範囲で、透明と白濁に切り替わり、全透過率も制御できるPNLC(液晶複合材料)を開発した。 【本技術の概要】 単に温度によって白濁化させ不透明状態とするのは、入射光を透過側に散乱(前方散乱)させることにより実現できるが、全透過率を下げることはできなかった。そのため、プライバシーを保護...
54 水濡れ・ムレを検知する織物

54 水濡れ・ムレを検知する織物

住江織物株式会社 導電糸を経緯方向に織り込み、導電糸と吸水速乾糸を工夫することで、水が濡れた際に反応する布を開発した。 【本技術の概要】 住江織物㈱は、独自構造のカバーリング導電糸を経緯方向に織り込み、導電糸と吸水速乾糸を工夫することで、水に濡れた際に電気が流れる布を開発した。既存の水濡れセンサーモジュールでは難しかっ...
53 近紫外光で剥がせる塗料材

53 近紫外光で剥がせる塗料材

産業技術総合研究所 溶剤を使用することなく近紫外光の照射のみで基材から剥がせる塗料材の作成技術を開発した。本技術を応用し、除光液を使わずにジュエルネイルの塗料材を簡単に除去できることを確認した。 【本技術の概要】 産業技術総合研究所機能化学研究部門の山本貴広 主任研究員は、手足の爪に施す化粧や装飾を手掛けるネイルアート...
52 赤外光から水素を生成できる光触媒

52 赤外光から水素を生成できる光触媒

京都大学化学研究所 波長1,100nmの赤外光における外部量子効率3.8%という世界最高の効率で赤外光から水素を生成できる光触媒の開発に成功した。 【本技術の概要】 京都大学化学研究所・坂本雅典准教授、寺西利治同教授、廉孜超・日本学術振興会特別研究員、豊田工業大学・山方啓准教授、関西学院大学・玉井尚登教授、立命館大学・...
Return Top