Idea Bank Liaison Company

株式会社 IBLC

「技術」を「事業」につなげるソリューションカンパニー

クルマ

Tagged
34 自動車用機能性材料の技術動向と今後の方向に関する調査

34 自動車用機能性材料の技術動向と今後の方向に関する調査

 素材メーカーH社の事業企画部では、中期重点領域である自動車分野において、新たな事業創出が課題となっていた。そこで、自社の素材が活かせる機能性材料のいくつかに注目し、IBLCに技術動向と市場性について調査を依頼した。 <実施内容>  IBLCでは、機能性材料に長年携わった専門家数名と、自動車関連メーカーの出身者で専門家...
【037】EVブームは本物か

【037】EVブームは本物か

大橋 信一  最近「EV」という文字を新聞でよく見かけるようになった。EVとは言わずと知れた電気自動車(Electric Vehicle)である。特に中国では国家をあげて注力していくことが報じられている。中国の大気汚染対策が目的である。国際エネルギー機関(IEA)の世界のEVとプラグインハイブリッド車(PHV)の台数の...
26  車載関連事業への本格参入の検討

26  車載関連事業への本格参入の検討

大手総合メーカーZ社(材料、デバイス、システム)では、既存の事業領域から自社のコアコンピタンスを活かして、本格的に車載関連事業に進出できないか検討しており、そのため情報収集を行ってきたが、さらに第三者の目で視野を広げ、アドバイスしてほしいということで、IBLCに調査を依頼した。 実施内容 IBLCでは、車載事業として自...
No.【024】自動車の暴走事故について思うこと

No.【024】自動車の暴走事故について思うこと

井田 浩三 自動車の暴走事故について思うこと  最近の社会現象の一つに、車の暴走事故があげられる。運転者は必ずしも高齢者に限られるわけではないが、それでも高齢者のケースが多い。この背景には人口構成が高齢化にシフトしている他に車造りにおける偏った性能至上主義、行政を含め社会そのものがその変化に対応できていないことがあげら...
23 自動運転社会における開発テーマの探索・検討

23 自動運転社会における開発テーマの探索・検討

自動車関連メーカーW社のR&D企画部では、将来の自動運転が普及したとき、新たにどういう課題(ニーズ)が生じるか、そのため開発テーマとして何を検討しておかなければならないか、自社内で検討する中、自社の見方だけではなく、もっと広い視点からヒントを探るため、様々な業界経験者を多数抱えるIBLCに検討を依頼した。 実施...
22 バイオ燃料電池技術の研究動向調査と大学研究者へのヒアリング調査

22 バイオ燃料電池技術の研究動向調査と大学研究者へのヒアリング調査

エネルギー関連企業V社技術戦略部では、新規研究テーマの立案に際し、バイオ燃料電池技術の研究動向を知ると共に、将来の委託または共同研究先となり得る大学・研究機関の候補研究者を調べたいと考え、IBLCに調査依頼を行った。 実施内容 本分野に詳しいIBLCの専門家2名が、現状の主要な研究動向と関連技術の調査を行った。 その中...
Return Top