Idea Bank Liaison Company

 株式会社 IBLC

第2回IBLC懇話会「ビッグデータおよび医療デバイス」

第2回IBLC懇話会「ビッグデータおよび医療デバイス」

ICTによるグローバルな産業革命の時代に、日本のお家芸である”ものづくり”技術が活きる新時代の産業の萌芽を創出することを意図し、IBLC懇話会《これからだ “ICTとモノづくり”》を開催しております。

第二回は、ビッグデータ医療デバイスの話題2点です。それぞれの分野で活躍されている講師からホットな話題提供を頂き、参加者の方々とディスカッションを行います。
また、講師および参加者による交流会は、異業種間連携の新たな芽が生まれる契機になると思います。

IBLC懇話会 第二回 2015年10月2日(金)

演題1:ビックデータそしてIoTがもたらす新しいビジネスチャンス

話題提供: Pivotalジャパン株式会社 取締役会長 徳末 哲一
 近年、バズワードとなりつつあるビッグデータ、そしてIoT(インターネットオブシングス) について、その背景、そして経営という視点からの考察。ネットに繋がっている20億人近い個人、そして企業はこれまで (20世紀まで)の行動、価値観、意思決定パターンとは本質的に異なったものに遷移しつつある。この遷移を側面からとらえ、表現したものがビッグデータであり、IoTである。この遷移の背景にあるものを企業としてどう捉え、行動していくか、そのための基本的考え方や、象徴的事例ついて述べる。

演題2:医療デバイス開発における“データづくり、ものづくり、ちえづくり”

話題提供: SOLIZE株式会社 代表取締役社長 古河 建規
 SOLIZEは自動車産業を中心としながら、医療産業、社会インフラ産業など幅広い領域で設計開発を支援してきた。革新的な製品を企画し、設計、試験を重ね、パートナーを巻き込み、量産の道筋を付ける。そのプロセスを通じて最も重要なファクターは時間、すなわち、いかに短期で物を形にし、試行錯誤を重ねるかにある。SOLIZEは3次元データを活用した開発技術で、開発の短納期化に貢献してきた。本講演では、医療デバイス開発を事例に、SOLIZEの設計開発手法について述べる。

■日時:2015年10月2日(金)15:00〜19:00 (14:30受付開始)
■会場:オフィス東京
東京都中央区京橋1-6-8 コルマ京橋ビル オフィス東京 →詳細地図
電話:03-3567-5577
・JR「東京」駅 八重洲口 徒歩5分
・東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口 徒歩3分
・都営浅草線「宝町」駅 A6出口 徒歩3分
■参加費:5000円
■参加申込:終了しました
■定員:20名。

プログラム

14:30  受 付 開 始
15:00  開 演
15:15  演 題 1  徳末 哲一氏(50分)
16:05  演 題 2  古河 建規氏(50分)
17:05  ディスカッション(60分)
18:15  交 流 会(45分)
19:00  閉 会

◆徳末 哲一講師:プロフィール

徳末哲一1974年早稲田大学大学院修了。1984年米国スタンフォード大学大学院修了。20年間の日本IBM時代を経て、その後20年余り、主に外資系のIT/コンサルティング企業の日本での立ち上げに加わる。
(略歴):プライスウォーターハウス・コンサルタント(PWC)株式会社取締役、日本ピープルソフト株式会社初代社長、日本ビジネスオブジェクツ代表取締役社長、ファストサーチ&トランスファ代表取締役社長、Greenplumジャパン初代代表、その後スピンオフし、Pivotalジャパン初代会長。ワークディ株式会社初代社長。
現在: Pivotalジャパン株式会社 取締役会長 および ワークディ株式会社 取締役最高顧問
参考:Pivotalジャパン設立記事

◆古河 建規講師:プロフィール

古河建規外資系コンサルティング会社で、企業の戦略策定や事業変革に従事。この間、主に欧州、アジアの製造業のサプライチェーン改革を担当。2000年 株式会社インクス(現SOLIZE株式会社)入社。2002年 短納期金型工場立ち上げ、第一回ものづくり大賞経済産業大臣賞を受賞。2009年 株式会社インクス 代表取締役社長。2013年 SOLIZE株式会社 代表取締役社長。
現在: SOLIZE株式会社 代表取締役社長。
参考:Solizeのビジョン

開催報告

10月2日 IBLC懇話会「ICTとものづくり」の第2回として、Pivotalジャパン株式会社の徳末哲一 氏に「ビックデータそしてIoTがもたらす新しいビジネスチャンス」、SOLIZE株式会社の古河建規氏に「医療デバイス開発における“データづくり、ものづくり、ちえづくり」というというタイトルで話題提供いただき、ご参加いただいた10数名の企業の研究開発や経営企画関係者とディスカッションを行いました。

konwakai2

徳末様はこれまで多くのインターネット関連企業の起業に携わってきた方で、次のようなお話をされました。IT環境がIaaSからPaaSに移り基盤はクラウドで提供されるので、企業ではデータとアプリケーションのみを考慮すれば済む時代になり、安価で安定なシステム運用が可能になった。データも単なる構造化データではなく、自然言語、音声、画像、センサ(IoT)などの非構造化データが加わり、これらのデータを扱えるデータサイエンティストの需要が高まっている。
ビッグデータの時代は掛け声だけではなく、世界のデータ量は、2000年 3EB、2010年 1ZB、2020年 40ZBと予測されている。これらのデータを支配するのが現在では、GAAFと呼ばれるGoogle,Amazon,Apple,Facebookであるが、今後新たなビジネスモデル提案して参入する企業が主に米国西海岸で生まれている。この世界では従来の収穫逓減ではなく、成功するとさらに伸びる収穫加速の法則が成り立つと言える。人の一生のデータも3TBと見積もられているが、100億人分でも30ZBである。これらのテータがクラウド上で現実を反映するシャドウとして存在する。逆にシャドウが人々の行動に影響力を持ち始めている、などなどの刺激的なお話がありました。

古河様は、Rapid Prototypingの草分けであるインクスを引き継いで、3Dモデリングをコアに現在のSolizeに発展させた方で、次のようなお話をされました。当初は自動車関連、次に携帯電話、現在は医療デバイスをメインに扱っている。その中で感じていることは、ITをフルに活用することに囚われると、現場の課題にそぐわなくなり、工夫の余地も生まれない。現場のものづくりの試作評価と3次元設計データの間のフィードバックループが鍵となり、そこに人の知恵が入ることが重要。最初の段階で問題をつぶすことでトータルの開発期間は半減し、生産の立ち上げも早くなる。Solizeは開発支援企業で量産にはタッチしない方針である。
医療デバイスは、患者の負担が少なく安全で薬効が高いことを特徴とするドラッグデリバリーデバイスの開発を行っており、現在は主にヨーロッパ向けである。英国企業との共同開発では、医療の専門である先方のコンセプトをSolizeの設計技術で実現するパートナー関係を築いて、日本と英国で1日で設計と評価のサイクルを回すという効率的な進め方を行っている。その他、日本の製造業の設計開発方法の変革の支援や、医師のノウハウをデータ化することも行っているとのお話がありました。

ディスカッションでは、やはり、ビッグデータの時代が進むとして製造業は何をすればいいのかという議論が中心になりました。その中で、新たなビジネスモデルの発想はどこから生まれるのかとか、そもそもイノベーションにはROIを考えてはいけない、ある程度は勝手な動きを許容するところがなければ何も生まれない、また、価値のあることであれば、やってみることが大事で結果はその後から付いてくる、などの意見がでました。またシリコンバレーでは、中国人、インド人などのアジア人が活躍しているのに日本人の存在感が少ないという意見もあり、日本的なイノベーションは何かという問題提起もありました。
今回、Solizeのように自分の強みを活かせるITの使いかた、身の丈のビッグデータ活用ということも一つの方向として参考になったと思います。

交流会では日頃つきあいのない同業企業、異業種の企業の方々が熱心に語り合いました。
今後の日本の発展に期待したいと思います。

<参加者の感想、アンケートから>
・なかなか聞けない話がより詳しく聞くことができた。
・他のセミナーでは、Q&Aだけで終わるが、ここでは参加者同士が本音で語れるところがよかった。
・ディスカッションするのにちょうど良い人数でもあった。
・全体のトレンドと具体的な事例の組み合わせがよかった。
・アンケートでは、「良かった」70%、「やや良かった」30%と好評価でした。

参加企業:順不同、略称
ヨコオ、ダイキン、旭硝子、宇部興産、AGC総研、三菱マテリアル、三菱化学、地球快適化インスティテュート、早稲田大学、シグナル・プロセス・ロジック、光和技術研究所、など

10月1日:日刊工業新聞に記事が掲載されました。
IBLC、異業種交流サービス「ICTとモノづくり」始動 中堅・中小面→もっと見る

お問合せ

IBLC 懇話会事務局 相良 konwakai (at) iblc.co.jp
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-2-6 TEL:03-5467-2602

Return Top